溜息日和

プログラミングとか機械学習とか統計力学とかいろいろ

『ラプラスとフィッシャーから荒野へ』を読んで

文字通り,渡辺澄夫先生の『ラプラスとフィッシャーから荒野へ』を読んだ感想メモ

 

サンプル数によらず構造が固定されている場合

 

サンプルの増加に伴って構造が現れる場合(荒野)

要するに推測と真実がどのくらい違うのかという具体的な値である. 

(中略)

多変数関数の代数的な性質が現象を定めている.

「構造の発見」は特異点から特異点へのジャンプであり,不変量を観測すればその挙動を知ることができる.

ラプラスとフィッシャーの方法が使えない場合にも, AICBIC が 推測しようとしたものを計算できる方法 

 

Bayesian Data Analysis, Third Edition (Chapman & Hall/CRC Texts in Statistical Science)

Bayesian Data Analysis, Third Edition (Chapman & Hall/CRC Texts in Statistical Science)

 

 

広告を非表示にする