読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溜息日和

プログラミングとか機械学習とか統計力学とかいろいろ

組合せ回路

一般的な組合せ回路とその解説

サブモジュールを使った4bit加算器

モジュールのポートは,module( .外部のモジュール( 内部のモジュール)),を意識する.

ビット幅指定の書式

ビット幅の宣言:
(属性)[(ビット幅-1):0](信号名);

ビットの指定:
(信号名)[(インデックス大):(インデックス小)]

条件分岐の書き方

条件分岐の書き方には3種類がある

三項演算子を使う

assign 信号名 = (条件文) ? Val真 : Val偽;

functionを使ってmodule内に記す.


おそらく,マルチプレクサをサブモジュールとして用いるのが最も効率的であるが,
bit幅,信号の幅,条件が異なるマルチプレクサを記述するのがツライ時有用

コンテンツ一覧に戻る

広告を非表示にする